ショベル ツースロートキャブ 取り付け。



Bキャブだったショベルを、ツースロートに交換します。



まずは元のキャブを取り外し、



ツースロ用のマニを取り付けるのですが、純正は非貫通で、前後が別体になっていますね。

それだとセッティングが出にくいので、S&Sのマニホールドにポン付け出来る貫通式のアフターパーツなど出ていますが、今回は純正を貫通加工します。



加工が済んだマニホールドを取り付けて、



キャブレターをバラしていきます。



加速ポンプのダイヤフラムが固着していて、全く動いていませんでした。



古いものを取り外して、



画像撮り忘れましたが、新品に交換します。

その前にキャブはきれいに洗浄しています。



加速ポンプのピンやレバーなど、稼働位部分も全て一度取り外して、

動きを点検し、ガスケット交換して組み直しています。



フロートの油面を実油面でチェック、修正し、

加速ポンプのノズルの向きを調整し直します。



ノズルはひどい場合真逆向いてたりします。



残りのパーツを組み付けて、



本体に取り付け。

セッティングをして完成です。


なかなかセッティングを出しにくいキャブですが、

出てしまうと本当に面白いキャブだと思います。

走りはまるで変わりますよ。